ロキタンスキー症候群(読み)ろきたんすきーしょうこうぐん(英語表記)Rokitansky syndrome

知恵蔵miniの解説

ロキタンスキー症候群

原発性無月経と先天性腟(ちつ)欠損主徴とする症候群。1838年にロキタンスキーによって発表された。ロキタンスキー・キュストナー・ハウザー症候群、メイヤー(マイヤー)・ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群ともいう。遺伝子に異常のない先天性の疾患で、出生女児5000人に1人の割合で発生する。通常は正常な卵管卵巣・外陰部を有し女性ホルモンも正常に分泌されるが、膣の一部あるいは全部が欠損しており子宮も機能しない。無月経や性交障害を理由に病院を受診し発見されることがほとんどとなっている。治療方針としては、性交が行えるよう膣を作る手術を施すこと、及び体外受精と代理出産(将来的には子宮移植・人工子宮)により遺伝的な自身の子どもをつくることの二つがある。

(2017-1-12)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android