ロケット弾(読み)ロケットだん

世界大百科事典 第2版「ロケット弾」の解説

ロケットだん【ロケット弾】

爆薬あるいは化学剤を塡したロケット推進の兵器のうち,無誘導の自由飛翔(ひしよう)ロケットをいう。誘導ロケットはミサイルと呼んで区別される。ロケット弾は,弾頭部と噴進筒(ロケット)部に大別される。弾頭部には爆薬信管などがあり,噴進筒部には噴進に必要な推進薬ノズルおよび推進薬に点火する点火管等が収容されている。ロケット弾の弾道安定は,翼安定か旋動安定により得られる。ロケット弾は発射機(ランチャー)から発射される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android