ロゴタイプ

精選版 日本国語大辞典「ロゴタイプ」の解説

ロゴ‐タイプ

〘名〙 (logotype)
① 数個の活字を一本の活字に鋳込んだもの。連結活字。
② 二つ以上の文字を組み合わせて特別にデザインしたり特殊な書体にしたりしたもの。企業名や商品名などのマークに多く見られる。ロゴ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ロゴタイプ」の解説

ロゴタイプ(logotype)

いくつかの文字または綴りを1本の活字に鋳込んだ連字のこと。
会社名・商品名・タイトル名など、文字を組み合わせて個性的な書体に図案化したもの。ロゴ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロゴタイプの言及

【レタリング】より

… 最近の広告界におけるカリグラフィーは,書家が書いたものよりレタリングデザイナーが書いた作品の方が動きや変化に富み喜ばれる傾向があり,これは書き手の目的意識の相違からくるもので,これからのカリグラフィーはデザイン感覚を生かしたものに変わりつつあるといえよう。(3)ロゴタイプlogotype 社名や品名などの文字を一つの塊としてデザインしたものをいう。印刷用語としては1本の活字の中に何文字かを鋳込んだものをロゴタイプ,すなわち〈意味を表す活字〉と呼び,それから派生してレタリング用語として2字以上の文字を組み合わせてデザインしたものをいうようになった。…

※「ロゴタイプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android