ロジャーズ提案(読み)ロジャーズていあん(英語表記)Rogers Proposal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロジャーズ提案
ロジャーズていあん
Rogers Proposal

1970年6月アメリカの W.ロジャーズ国務長官が,中東問題解決のために行なった提案。 70年初め頃より,六日戦争後くすぶり続けていたスエズ運河をはさんでのエジプトイスラエルの軍事的小ぜりあいに,ソ連の爆撃機やミサイルが参加するようになったため,紛争の深刻化を恐れて提案された。主要な点は,(1) 互いの国家の主権を認め合い,(2) イスラエルは六日戦争以前の国境に戻る。これを実現するための第1段階として,イスラエルとエジプトは最低3ヵ月停戦し,G.ヤリング国連特使の調停交渉を再開するというもの。この内容は,エジプト,ヨルダン,イスラエルによって一応受入れられたが,イスラエルではこのために国内政治危機が続き,ヨルダンではヨルダン内戦へと発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android