コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスウィータ・フォン・ガンデルスハイム ロスウィータ・フォン・ガンデルスハイムRoswitha (Hrosvitha) von Gandersheim

1件 の用語解説(ロスウィータ・フォン・ガンデルスハイムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスウィータ・フォン・ガンデルスハイム
Roswitha (Hrosvitha) von Gandersheim

[生]935頃
[没]1000頃
ドイツ中世の女流ラテン語詩人。ニーダーザクセンの貴族の出身で,ブラウンシュワイクにあるベネディクト派のガンデルスハイム修道院の修道女。重要な作品はテレンチウスの喜劇にならい,聖者伝に取材した『ガリカヌス』 Gallicanus,『ドゥルチティウス』 Dulcitiusなど6編の散文劇で,いきいきとした対話や効果的な場面転換で中世におけるキリスト教劇の試みとしてはぬきんでたものであり,人文主義の時代までこれに続くものがなかった。ほかに,韻文による年代記『ガンデルスハイム修道院の起源』 Primordia coenobii Gandeshemensis,『オットー1世の事績』 Gesta Oddonis Caesaris Augustiなど。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロスウィータ・フォン・ガンデルスハイムの関連キーワードX線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技平国香ジヤール朝平国香会理K末法思想

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone