コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスキレの和約 ロスキレのわやく Peace of Roskilde

2件 の用語解説(ロスキレの和約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスキレの和約
ロスキレのわやく
Peace of Roskilde

1658年2月 26日のスウェーデンデンマークとの和約。デンマーク王フレデリック3世はスウェーデン領ドイツを手に入れようと宣戦したが,スウェーデン王カルル 10世の,ユラン半島からシェラン島への氷上渡海作戦に敗れ,この和約を結んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロスキレのわやく【ロスキレの和約】

1658年デンマーク,ノルウェーとスウェーデン間で結ばれた和約。1657年,デンマーク王フレゼリク3世(在位1648‐70)がスウェーデンの強大化を阻止すべくこれを攻撃したが,カール10世(在位1654‐60)の率いるスウェーデン軍はユトランド半島席巻後,氷海を渡る奇襲によってシェラン島に上陸,デンマークは降伏し,58年2月和約を締結した。これによってデンマークは,スコーネ,ハッランド,ブレーキンゲ,ボーンホルムを失い,ノルウェーはボーフュスレン,トロンヘイム地方を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のロスキレの和約の言及

【マルメー】より

…マルメーは12世紀に都市の起源を有し,14世紀にニシン漁によって栄え,リューベックなどハンザ諸都市との交易の中心地となり,1353年に市場権を得,16世紀にはコペンハーゲンに次ぐデンマーク第2の都市に成長した。1658年ロスキレの和約により,有史以来の祖国デンマークを離れ,スウェーデン領となって現在に至っている。【村井 誠人】。…

※「ロスキレの和約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロスキレの和約の関連キーワードカルマル同盟ノルトビジョン諾威デンマーク連合王国THE BRIDGE ブリッジクローネ(Krone)ノルウェー・クローネマルグレーテ[1世]スコーネ戦争デンマーク・ノルウェー語

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone