コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスキレの和約 ロスキレのわやくPeace of Roskilde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスキレの和約
ロスキレのわやく
Peace of Roskilde

1658年2月 26日のスウェーデンデンマークとの和約。デンマーク王フレデリック3世はスウェーデン領ドイツを手に入れようと宣戦したが,スウェーデン王カルル 10世の,ユラン半島からシェラン島への氷上渡海作戦に敗れ,この和約を結んだ。この和約によってスウェーデン南部のスコーネ地方とボルンホルム島,ノルウェートロンヘイム,ブーヒュスレンがデンマークからスウェーデンに割譲され,その後トロンヘイムはデンマーク領ノルウェーに戻ったがスコーネの帰属関係はついに変らず,現在のスウェーデンの国土が完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロスキレのわやく【ロスキレの和約】

1658年デンマーク,ノルウェーとスウェーデン間で結ばれた和約。1657年,デンマーク王フレゼリク3世(在位1648‐70)がスウェーデンの強大化を阻止すべくこれを攻撃したが,カール10世(在位1654‐60)の率いるスウェーデン軍はユトランド半島席巻後,氷海を渡る奇襲によってシェラン島に上陸,デンマークは降伏し,58年2月和約を締結した。これによってデンマークは,スコーネ,ハッランド,ブレーキンゲ,ボーンホルムを失い,ノルウェーはボーフュスレン,トロンヘイム地方を失った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のロスキレの和約の言及

【マルメー】より

…マルメーは12世紀に都市の起源を有し,14世紀にニシン漁によって栄え,リューベックなどハンザ諸都市との交易の中心地となり,1353年に市場権を得,16世紀にはコペンハーゲンに次ぐデンマーク第2の都市に成長した。1658年ロスキレの和約により,有史以来の祖国デンマークを離れ,スウェーデン領となって現在に至っている。【村井 誠人】。…

※「ロスキレの和約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロスキレの和約の関連キーワードフレゼリク[3世]ボヒュスレンカルル10世スコーネ戦争

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android