コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスリン礼拝堂 ロスリンレイハイドウ

デジタル大辞泉の解説

ロスリン‐れいはいどう〔‐レイハイダウ〕【ロスリン礼拝堂】

Rosslyn Chapel》英国スコットランドの都市エジンバラ南郊、ロスリンにある礼拝堂。15世紀にテンプル騎士団に属していた貴族ウィリアム=セント=クレアにより建造された。ケルトやテンプル騎士団をはじめ、さまざまなモチーフの彫刻が施されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ロスリン礼拝堂の関連キーワードコーマック礼拝堂聖アナニア教会昇天教会愛のチャペルウェストミンスター職場委員エドワーズカー(Leroy Carr)ノース・カロライナ州立大学パットン(Charley Patton)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android