ロトゥマ[島](英語表記)Rotuma Island

世界大百科事典 第2版の解説

ロトゥマ[島]【Rotuma Island】

南太平洋,フィジーの首都スバの北方約400kmにある火山性の島。面積47km2,人口2700(1986)。1881年にイギリス植民地フィジーに併合され,行政上は現在もフィジーの一部となっているが,ロトゥマ島人はメラネシア人であるフィジー諸島人と違ってポリネシア人であり,その影響が形質,文化の両面に強い。約7700人のロトゥマ島人のうち約2700人が島にいるだけで,大多数はスバ(ビティ・レブ島)などの都市部に移住し,あるいはそこで出生している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android