コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマンティッシェ・シュトラーセ Romantische Strasse

世界大百科事典 第2版の解説

ロマンティッシェ・シュトラーセ【Romantische Strasse】

ドイツ中南部の都市ビュルツブルクから南へ,オーストリアとの国境に近いフュッセンFüssenまでの約300kmの道路の呼称。〈ロマンティック街道〉を意味するが,呼称の起源は古いものではなく,この街道筋にそってローテンブルクネルトリンゲンをはじめ中世のたたずまいを残す小都市が連なっているため,第2次大戦後,観光客誘致のために開発された。フュッセンの近くには,バイエルン王ルートウィヒ2世の建造によるノイシュワンシュタインNeuschwanstein城がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロマンティッシェ・シュトラーセの関連キーワードノイシュバンシュタイン城アウクスブルク

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android