コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロラン・ホルスト=ファン・デル・スハルク Roland Holst-van der Schalk, Henriëtte Goverdine Anna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロラン・ホルスト=ファン・デル・スハルク
Roland Holst-van der Schalk, Henriëtte Goverdine Anna

[生]1869.12.24. ゾイドホラント,ノルトウェーク
[没]1952.11.22. アムステルダム
オランダの女流詩人。 1896年画家,美術評論家でアムステルダム芸術大学学長の R.ロラン・ホルストと結婚。 97年以来社会主義および共産主義運動に積極的に参加し宣伝に努めたが,1925年ソ連を訪れて失望し,以後実際の政治活動からは身をひいた。その詩は初め観念的,次いで革命的,ユートピア的,最後は人道主義的な作風に移った。主著『新しい誕生』 De Nieuwe Geboorte (1902) ,『反乱者』 De Opstandelingen (10) ,『時間と永久の間』 Tusschen tijd en eeuwingheid (34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロラン・ホルスト=ファン・デル・スハルクの関連キーワード藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)実業之日本パーレットハウスホーファービニョンヒルハウスベイティルモアーヌ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android