コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハドソン湾 ハドソンわん Hudson Bay

6件 の用語解説(ハドソン湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハドソン湾
ハドソンわん
Hudson Bay

カナダ北東部の湾。面積 81万9000km2。広義にはジェームズ湾フォックス海峡,フォックスベーズン (湾) ,ハドソン海峡アンゲーバ湾を含む (面積 124万3200km2) 。平均水深は 100mと浅く,海底はきわめて平坦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハドソン‐わん【ハドソン湾】

カナダ北東部にある湾。支湾にジェームズ湾・フォックス湾・アンガバ湾などをもち、ハドソン海峡大西洋とつながる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハドソン湾【ハドソンわん】

カナダ中東部の巨大な湾。東部のハドソン海峡で大西洋に,北東部のフォクス海峡・フォックス湾で北極海に通ずる。南端にジェームズ湾の浅い入江がある。夏季2ヵ月半航行可能。
→関連項目カナダ大西洋

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハドソンわん【ハドソン湾 Hudson Bay】

カナダにある巨大な湾。北アメリカ大陸北東部にあり,ハドソン海峡を経て大西洋へ,フォックス湾を経て北極海へ通じる。南部のジェームズ湾を含め面積121万km2。最大深度約450m。カナダ楯状地の中央に位置する凹地に相当する。周辺の岩石は先カンブリア時代の花コウ岩や変成岩が多い。洪積世には大陸氷河の下にあった。冬季は全面結氷する。周辺はホッキョクグマの生息地。1610年,イギリスの探検家H.ハドソンが発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハドソンわん【ハドソン湾】

カナダ北東部、ラブラドル半島の西方にある湾。冬季は結氷する。ハドソン海峡を経て大西洋に通じる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハドソン湾
はどそんわん
Hudson Bay

カナダ北東部の大きな湾。広義には、狭義のハドソン湾に南のジェームズ湾、北のフォックス海峡、フォックス湾、北東のハドソン海峡、アンガバ湾を含む。面積約124万3200平方キロメートル(狭義では64万7000平方キロメートル)。主要部の水深は40~180メートルであるが、ハドソン海峡付近では870メートルに達する部分がある。フォックス湾、ジェームズ湾では60メートル以下と浅い。湾内の水は河川の流入により塩分が少ない。狭義のハドソン湾のほとんど全域は冬季パックアイス(流氷)に覆われ、海岸沿いに定着氷帯ができる。氷は5月になると融(と)け始め、9月中旬にはなくなる。北のフォックス湾では1年を通じ流氷がみられる。沿岸の地域は、南西にハドソン湾岸低地が広がるほかは、緩やかな起伏をもつ湖の多いカナダ楯状地(たてじょうち)で、南端のジェームズ湾岸は森林ツンドラ、それ以外は低木・地衣ツンドラ地域である。1610年にイギリスのヘンリー・ハドソンにより発見され、この名がつけられ、1670~1869年の200年間はイギリスのハドソン湾会社の支配下にあった。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハドソン湾の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカ五大湖新大陸北米亜米利加七大州汎アメリカ主義パン・アメリカン・ハイウェー北アメリカ大陸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハドソン湾の関連情報