コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルシア・モレノ García Moreno, Gabriel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルシア・モレノ
García Moreno, Gabriel

[生]1821.12.24. グアヤキル
[没]1875.8.6. キト
エクアドルの政治家。大統領 (在任 1861~65,69~75) 。 1861年に特異な半神権政治的な独裁制を創始,教会に教育の全権を与え,そのほかの国内問題にも強大な権限を付与した。農業生産の増大,鉄道,道路の建設などに業績をあげたが,国内の自由主義思潮を押えられず,75年暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガルシア・モレノ

エクアドルの政治家。大統領(在任1861年―1865年,1869年―1875年)。初代の大統領フロレス養子。フロレスが追放したイエズス会と和解し,初等教育を委託。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ガルシア・モレノの関連キーワードエクアドル史エクアドルモンタルボ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android