コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンゴワルシト Ronggawarsita

世界大百科事典 第2版の解説

ロンゴワルシト【Ronggawarsita】

1802‐73
インドネシア,マタラム・イスラム王朝の末裔であるスラカルタ王家最後の,そして最も優れた宮廷詩人(プジャンガ)。王都スラカルタに,宮廷詩人ヨソディプロ1世,同2世を祖父,父として生まれ,ポノロゴのイスラム塾(プサントレン)やテガルサリおよびデマックでジャワ神秘主義(クバティナン)とアラブ文学について修養を積んだ後,クディリでカウィ文学(古ジャワ文学)の研究に専念した。1844年スラカルタ王家の宮廷詩人に任じられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のロンゴワルシトの言及

【プジャンガ】より

…インドネシア,ジャワの伝統的諸王国における宮廷詩人で,王権の秘義を伝えた。マジャパイト王国時代に長編叙事詩《ナーガラクルターガマ》を編んだプラパンチャ,マタラム歴代の王に仕えたヨソディプロ1世,2世,ロンゴワルシトなどが代表的とされる。プジャンガはその韻文詩によって王の事績をたたえ,王国の年代記を編むことによって王と王国の正統性を保証するとともに,秘義としてある伝統的知恵の体現者であった。…

※「ロンゴワルシト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロンゴワルシトの関連キーワード3月14日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android