コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンジュメル Lonjumel(Lonjumea), André de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンジュメル
Lonjumel(Lonjumea), André de

13世紀のフランスのドミニコ会修道士,アジア旅行家。ペルシアのモンゴル人将軍バイジュ (拝住) の陣営に使いしてペルシア語を学び,フランス王ルイ9世から派遣されて,1249年モンゴルへ出発した。グユク (貴由) の死後の監国皇后オグル・ガイミシュ (斡兀立海迷失) に謁見し,51年に帰った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロンジュメルの関連キーワードペルシア語

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android