ペルシア(英語表記)Persia

翻訳|Persia

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシア【Persia】

おもに欧米で用いられてきたイランの別称。もともとはアケメネス朝が拠ったイラン南西部の一地方名パールサPārsa(現代ペルシア語ではアラビア語化されたファールスFārsとして残っている)に由来するが,アケメネス朝のイラン高原統一によってイラン全体を含む概念に拡大された。アケメネス朝期のギリシア史家の用いたペルシスPersisが,ラテン語形ペルシアを経て,ヨーロッパに入ったものである。 原語パールサは,その地方に北方より移住,定着した古代イランの部族名パルスアParsuaに基づくとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシア
ぺるしあ
Persia

イランの旧名。1935年イランと改称。イラン南西部のファールス州はアケメネス朝時代にはパールサとよばれたが、同時代のギリシア人によってペルセースまたはペルシアーと音写された。パールサはイランの一州にすぎなかったが、政治と文化の中心であったためイランを代表する名称となった。パールサは本来イランの部族名であった。イラン人がカスピ海西岸を経て南下する途中、パルスアシュやパルスマシュという地名を残している。これらの地名はメソポタミアの記録にみられる。中世ペルシア語ではペルシア人、ペルシア語をパールシーグといったが、中国では波斯(パルシグ)と音写された。インドのムンバイ(ボンベイ)にいるゾロアスター教徒パールシー人の呼称はこれに由来している。近代ペルシア語ではアラビア語表記法に従って、ペルシア語をファールシー、トルコ人・アラブ人に対するイラン人のことをファールスとよんでいる。[井本英一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペルシアの言及

【ペルシア帝国】より

…彼らは当時ウルミエ(レザーイエ)湖南西部にいたが,その後ザーグロス山脈を南下し,前7世紀前半にエラムのアンシャン地方に入って定住した。この地はやがて彼らの名にちなんでパールサPārsa(ギリシア語ペルシスPersis,ラテン語ペルシアPersia)と呼ばれた。現在のファールスFārs州である。…

【イラン】より

…正式名称=イラン・イスラム共和国Jumhūrī‐ye Eslāmī‐ye Īrān,Islamic Republic of Iran面積=164万8000km2人口(1996)=6223万人首都=テヘランTeheran(日本との時差=-5.5時間)主要言語=ペルシア語,アゼルバイジャン語,クルド語通貨=イラン・リアルIranian Rial西アジアの東部を占め,西はトルコ,イラク,北はアルメニア,アゼルバイジャン,トルクメニスタン,東はアフガニスタン,パキスタンに接する共和国。
【呼称】
 イランは正しくは〈イーラーン〉と発音される。…

【波斯】より

…6世紀ころから唐代までの中国におけるササン朝ペルシアに対する音訳名。波剌斯とも書く。…

【ペルシア帝国】より

…前6世紀後半に古代オリエント世界の統一を完成し,その後およそ2世紀にわたって中央アジアからエジプトに至る広域支配を続けた帝国の称。アケメネス朝ペルシア(アケメネス朝)ともいう。
[歴史]
 ペルシア人はメディア人とともに西イラン族に属し,前1000年ころイラン高原に到来した。…

※「ペルシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android