コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グユク(貴由) グユクGuyuk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グユク(貴由)
グユク
Guyuk

[生]1206
[没]1248
モンゴル帝国第3代皇帝定宗 (在位 1246~48) 。諡は簡平皇帝。太宗オゴデイの長子。 1241年太宗が没すると皇后トレゲネ (脱列哥那) は監国となりグユク推戴をはかったが,トルイ党 (→トルイ〈拖雷〉 ) を支持する長老バトゥ (抜都) の反対にあい,3回目のクリルタイでやっと推戴に成功 (1246) 。定宗は中央政権の動揺に伴って横暴化していた諸王を押え,クリルタイの決議に基づいて南宋を攻撃し,高麗の反モンゴル運動を鎮圧し,ペルシアに遠征した。その間対立が激化したバトゥへの西征の途中病没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グユク(貴由)の関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮)オグル・ガイミシュ(斡兀立海迷失)エルジギデイ(按只吉歹)イェルワジ(牙老瓦赤)トレゲネ(脱列哥那)スブタイ(速不台)シレムン(失烈門)カラコルム(和林)チャガン(察罕)マスウード・ベイオゴデイ・ハン国モンケ(蒙哥)クチュ(曲出)ロンジュメルカルピニオルガナ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android