ロンバルディア人(読み)ロンバルディアじん(英語表記)Lombardo

世界大百科事典 第2版の解説

ロンバルディアじん【ロンバルディア人 Lombardo】

ロンバルド人ともいう。この語は北イタリア,ロンバルディア地方の人を指すものであるが,12世紀以降の西ヨーロッパでは北イタリア出身の商人,金融業者をこのように呼んだ。南フランスの小都市カオールCahorsの出身者(カオール人)と同じく高利貸の代名詞と考えられていた。ドイツ語で動産を抵当とする貸付けをLombardgeschäftと呼ぶのはそのなごりである。ピアチェンツァ,ミラノなどロンバルディア出身者もいたが,アスティなどのピエモンテ,シエナ,ルッカ,フィレンツェなどのトスカナ出身者が多かったといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android