コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンバルド・トレダノ Vicente Lombardo Toledano

世界大百科事典 第2版の解説

ロンバルド・トレダノ【Vicente Lombardo Toledano】

1894‐1968
メキシコの社会主義者,労働運動家。中産階級の家庭に生まれ,大学在学中に労働者教育に携わって以来,労働運動に身を投ずる。世界恐慌以後頭角を現し,プロレタリア防衛全国委員会(1935),メキシコ労働者連合(1936)を結成し,カルデナスの改革政治を積極的に支援した。その支援は,メキシコがいまだ半植民地,半封建制で低迷しており,プロレタリア革命よりもまず民族解放が必要であり,したがって1910年革命に始まるブルジョア民主主義革命の完遂こそ当面の課題だとする〈段階革命論〉に基づくものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロンバルド・トレダノの関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門シーゲル日本郵便制度史(年表)日清戦争新藤兼人秋山清高松次郎トリュフォー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android