ローアーカナダ(英語表記)Lower Canada

翻訳|Lower Canada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローアーカナダ
Lower Canada

下カナダとも呼ばれる。現カナダのケベック州のイギリス植民地時代の呼称。 1791年アメリカ独立後の北アメリカ大陸におけるイギリス植民地再編成のために,カナダ法が制定され,旧ケベック植民地を2つに分割,セントローレンス川の下流,オタワ以東のフランス系の人々が圧倒的に多い地域は,ローアーカナダ植民地という行政単位となった。ここにはアッパーカナダと同じく代議制政府は導入されたが,荘園主の土地保有権やカトリック教会の特権,フランス民法の施行など,ケベック法で保護されたフランス人としての権利が温存された。しかし城砦閥による寡頭政への不満から,1837年 L.パピノーの指導のもとに反乱が起り,イギリス政府は反乱の原因を追及したダラム報告に基づいて,アッパー,ローアー両カナダの再統合をはかった。この結果 40年に成立した連合法で統合されたカナダ植民地ではローアーカナダはカナダ東部と改称された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android