コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローアー・マネジメント lower management

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローアー・マネジメント
lower management

経営管理上の階層の一つ。直接的に作業活動を行う層に接し,作業活動の管理・監督をする職能をいう。現場管理,下層管理または現場管理者,下層管理者を意味する。具体的な地位としては,係長,主任,職長,組長,班長などがこれに属し,その職能は日常的・個別的な作業に関する計画,実施について作業者からの各種の相談,助言などにたずさわるとともに,作業者を指揮監督して作業の遂行についての責任を負う。なお上層者に対して,作業の遂行状況や作業者の意向を伝達する義務を負う。ローアー・マネジメントはこのようにミドル・マネジメントと作業者の中間に立って,ミドル・マネジメントの指示する計画に従って作業を具体化し,その結果を報告する立場,すなわち両者の接点に立つものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローアー・マネジメントの関連キーワード職位

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android