ローシャ(英語表記)Rocha, Glauber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローシャ
Rocha, Glauber

[生]1938.3.14. チットリアダコンキスタ
[没]1981.8.22. リオデジャネイロ
ブラジルの映画監督。ブラジル映画の新しい波「シネマ・ノーボ」の代表的監督。主作品『黒い神と白い悪魔』 Deus e o Diabo na Terra do Sol (1964) ,『アントニオ・ダス・モルテス』 Antonio das Mortes (69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローシャ
ろーしゃ
Glauber Rocha
(1938―1981)

ブラジルの映画監督。ブラジル北東部のチットリア・デ・コンキスタ生まれ。先鋭な映画評論家として出発し、忘れられた監督フンベルト・マウロの再評価などブラジル映画史の読み直しを行ううち、自ら映画監督となった。短編映画をつくったのち、『バラベント』(1962)で長編に転じ、『黒い神と白い悪魔』(1964)、『アントニオ・ダス・モルデス』(1969)、『切られた首』(1970)など、ブラジルの現実、伝統を深く踏まえた荒々しく攻撃的な作品を発表し、ヨーロッパで高く評価された。[出口丈人]

資料 監督作品一覧

バラベント Barravento(1962)
黒い神と白い悪魔 Deus e o Diabo na Terra do Sol(1964)
狂乱の大地 Terra em Transe(1967)
アントニオ・ダス・モルテス O Drago da Maldade contra o Santo Guerreiro(1969)
切られた首 Cabezas cortadas(1970)
大地の時代 A Idade da Terra(1980)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android