コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローシャ Rocha, Glauber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローシャ
Rocha, Glauber

[生]1938.3.14. チットリアダコンキスタ
[没]1981.8.22. リオデジャネイロ
ブラジルの映画監督。ブラジル映画の新しい波「シネマ・ノーボ」の代表的監督。主作品『黒い神と白い悪魔』 Deus e o Diabo na Terra do Sol (1964) ,『アントニオ・ダス・モルテス』 Antonio das Mortes (69) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローシャ
ろーしゃ
Glauber Rocha
(1938―1981)

ブラジルの映画監督。ブラジル北東部のチットリア・デ・コンキスタ生まれ。先鋭な映画評論家として出発し、忘れられた監督フンベルト・マウロの再評価などブラジル映画史の読み直しを行ううち、自ら映画監督となった。短編映画をつくったのち、『バラベント』(1962)で長編に転じ、『黒い神と白い悪魔』(1964)、『アントニオ・ダス・モルデス』(1969)、『切られた首』(1970)など、ブラジルの現実、伝統を深く踏まえた荒々しく攻撃的な作品を発表し、ヨーロッパで高く評価された。[出口丈人]

資料 監督作品一覧

バラベント Barravento(1962)
黒い神と白い悪魔 Deus e o Diabo na Terra do Sol(1964)
狂乱の大地 Terra em Transe(1967)
アントニオ・ダス・モルテス O Drago da Maldade contra o Santo Guerreiro(1969)
切られた首 Cabezas cortadas(1970)
大地の時代 A Idade da Terra(1980)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローシャの関連キーワード裏面照射型CMOSセンサーウートンチヤオ(五通橋)区ローシャン(楽山)特別市イーピン(宜賓)市イエローパロット峨眉山と楽山大仏NDフィルター低速シャッタースローシンクロピシンギーニャプースカフェミン(岷)江インド映画フォンセカ中南米映画3月14日アラスカ州モラエスブラジル郭沫若

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android