狂乱(読み)きょうらん

精選版 日本国語大辞典「狂乱」の解説

きょう‐らん キャウ‥【狂乱】

〘名〙
① (━する) 正気を失い乱れて常態を失うこと。また、その状態。狂惑。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・自浜殿移民家矣〈釈蓮禅〉「接輿狂乱吾狂乱、再到関西後悔加」 〔論衡‐効力〕
※舞曲扇林(1689頃)二一「狂乱 妻をしたふあり、子をかなしむあり。よくよくおもひゐれずば、狂乱にはみへまじき事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「狂乱」の解説

きょう‐らん〔キヤウ‐〕【狂乱】

[名](スル)
心が狂い乱れて、異常な言動をすること。「嫉妬で狂乱する」「半狂乱
物事の状態が、はなはだしく異常になること。「地価狂乱
狂乱もの」の略。
[類語]気違い狂気乱心奇人変人変物変わり者変わり種難物怪人変質者狂人左巻き狂う発狂瘋癲ふうてんふれる気がふれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android