コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂乱 キョウラン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐らん〔キヤウ‐〕【狂乱】

[名](スル)
心が狂い乱れて、異常な言動をすること。「嫉妬で狂乱する」「半狂乱
物事の状態が、はなはだしく異常になること。「地価狂乱
狂乱物(もの)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

狂乱

池波正太郎の時代小説短編集。1977年刊行。「剣客商売」シリーズ第8作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうらん【狂乱】

( 名 ) スル
常軌を逸した状態になること。
比喩的に、物事が異常な状態であること。 「 -物価」
演劇で、物狂いの所作。狂乱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

狂乱の関連キーワードstock inflation花筐・花形見・花筺恋するオルランドシュピッテラー騎士オルランドええじゃないかデベネデッティオイルショックお夏/清十郎卒都婆小町池波正太郎お夏清十郎アリオストボイアルド松井今朝子ハーディ仲蔵狂乱物狂い能バッコス関屋敏子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂乱の関連情報