狂乱(読み)キョウラン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐らん〔キヤウ‐〕【狂乱】

[名](スル)
心が狂い乱れて、異常な言動をすること。「嫉妬で狂乱する」「半狂乱
物事の状態が、はなはだしく異常になること。「地価狂乱
狂乱物(もの)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうらん【狂乱】

( 名 ) スル
常軌を逸した状態になること。
比喩的に、物事が異常な状態であること。 「 -物価」
演劇で、物狂いの所作。狂乱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐らん キャウ‥【狂乱】

〘名〙
① (━する) 正気を失い乱れて常態を失うこと。また、その状態。狂惑。
本朝無題詩(1162‐64頃)七・自浜殿移民家矣〈釈蓮禅〉「接輿狂乱吾狂乱、再到関西後悔加」 〔論衡‐効力〕
※舞曲扇林(1689頃)二一「狂乱 妻をしたふあり、子をかなしむあり。よくよくおもひゐれずば、狂乱にはみへまじき事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂乱の関連情報