狂乱(読み)キョウラン

  • きょうらん キャウ‥
  • きょうらん〔キヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
心が狂い乱れて、異常な言動をすること。「嫉妬で狂乱する」「半狂乱
物事の状態が、はなはだしく異常になること。「地価狂乱
狂乱物(もの)」の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
常軌を逸した状態になること。
比喩的に、物事が異常な状態であること。 -物価
演劇で、物狂いの所作。狂乱物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (━する) 正気を失い乱れて常態を失うこと。また、その状態。狂惑。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・自浜殿移民家矣〈釈蓮禅〉「接輿狂乱吾狂乱、再到関西後悔加」 〔論衡‐効力〕
※舞曲扇林(1689頃)二一「狂乱 妻をしたふあり、子をかなしむあり。よくよくおもひゐれずば、狂乱にはみへまじき事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂乱の関連情報