コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロータリー式掘削装置 ロータリーしきくっさくそうち

百科事典マイペディアの解説

ロータリー式掘削装置【ロータリーしきくっさくそうち】

先端にビット(刃物)をつけたドリルパイプをやぐらからつり下げ,原動機で回転させるボーリング用機械。ビットは適当な荷重を与えられて,地層,岩石を砕きながら下に進む。掘りくずの除去とビットの冷却のため,ドリルパイプから水を圧送し,泥水としてドリルパイプとその外側のケーシングパイプの間から吸引する。石油・天然ガス鉱業に広く採用されている。
→関連項目鑿井綱掘り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android