鑿井(読み)サクセイ

  • ×鑿井

百科事典マイペディアの解説

地質調査および地下の石油,天然ガス,温泉,水などの採掘のための戸を掘ること。上総(かずさ)掘,綱掘,ロータリー掘などがあり,前2者は地層にビット(岩石にをうがつきり)で打撃を与え,後者はロータリー式掘削装置により回転くり抜きで掘る。近年は水井戸など浅部鑿井以外はロータリー掘が多用され,3000〜7000mの深部石油層に達し得る。→ボーリング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 石油、地下水などを採取するために、地中深く穴を掘りさげること。また、その穴。鑿泉。〔論衡‐感虚〕
② 地質などを調査するために、試錐機(しすいき)で地中に穴を掘ること。試錐。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鑿井の言及

【ボーリング】より

ビットによる圧砕作用または切削作用によって,地殻に比較的小径で深い穴を掘ること。試錐あるいは掘削ともいう。石油,天然ガス,地熱などの採取を目的とする坑井の場合にはさく井ともいう。
[目的]
 地下の地質試料としてコアの採取を目的とするもの,地下資源の採取のための坑井をつくることを目的とするもの,その他の目的をもつものとに大別される。見方を変えると地表より垂直あるいはある角度でボーリングするものと,坑道あるいはトンネル内より水平あるいは種々の角度でボーリングするものとに分けられる。…

※「鑿井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android