コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綱掘り つなぼりcable tool drilling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綱掘り
つなぼり
cable tool drilling

鋼製のビット (1.2~2.1m) を鋼索でつるし,クランク運動でビットを上下させ,坑底にビットが落下するときの衝撃力を利用して井戸を掘る方法。石油掘削はほとんどロータリー掘りに変ったが,アメリカ合衆国での最初の油井は,1859年に E.ドレークによって綱掘りにより掘削された。この方法は,古くは中国で塩水井戸の掘削に使われ,日本では上総掘りとして知られているものである。水井戸掘りのような浅い鑿井工事では,この方法が採用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

綱掘り【つなぼり】

先端にビットをつけたワイヤロープを上下させ衝撃を与えて掘るボーリング試錐採油,井戸掘りなどに利用。上下動内燃機関電動機,または人力による。米国で発達したもので,石油採取を目的として世界で最初に成功した米国のドレーク井(1859年)にもこの方式が用いられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の綱掘りの言及

【ボーリング】より

…中国ではワイヤロープの代りに竹が用いられ,13世紀には600m以深まで掘られていた。ワイヤロープを用いる方式は綱掘りcable‐tool drillingと呼ばれるが,世界で初めて石油採取を目的として成功したドレーク井(アメリカ,1859)も綱掘りで掘られた。綱掘技術はアメリカで発達し,1925年には2365mの石油井が掘られたが,現在ではロータリー式掘削に取って代わられている。…

※「綱掘り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綱掘りの関連キーワードドレーク(Edwin Laurentine Drake)ロータリー式掘削装置秋田油田掘削泥水鑿井機械鋼製

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android