コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綱掘り つなぼり cable tool drilling

2件 の用語解説(綱掘りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綱掘り
つなぼり
cable tool drilling

鋼製のビット (1.2~2.1m) を鋼索でつるし,クランク運動でビットを上下させ,坑底にビットが落下するときの衝撃力を利用して井戸を掘る方法。石油掘削はほとんどロータリー掘りに変ったが,アメリカ合衆国での最初の油井は,1859年に E.ドレークによって綱掘りにより掘削された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

綱掘り【つなぼり】

先端にビットをつけたワイヤロープを上下させ衝撃を与えて掘るボーリング。試錐,採油,井戸掘りなどに利用。上下動内燃機関,電動機,または人力による。米国で発達したもので,石油採取を目的として世界で最初に成功した米国のドレーク井(1859年)にもこの方式が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の綱掘りの言及

【ボーリング】より

…中国ではワイヤロープの代りに竹が用いられ,13世紀には600m以深まで掘られていた。ワイヤロープを用いる方式は綱掘りcable‐tool drillingと呼ばれるが,世界で初めて石油採取を目的として成功したドレーク井(アメリカ,1859)も綱掘りで掘られた。綱掘技術はアメリカで発達し,1925年には2365mの石油井が掘られたが,現在ではロータリー式掘削に取って代わられている。…

※「綱掘り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

綱掘りの関連キーワードビットビットブリットポンツーンスノビッシュビッグフットジャビット謎のビッグ・フォアホビットの冒険ユニボールシグノ ビットビット (bit)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone