ロータル遺跡(読み)ロータルいせき(英語表記)Lothal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロータル遺跡
ロータルいせき
Lothal

インド,ムンバイ (ボンベイ) の北,カンベイ湾頭にあるインダス文明の地方都市遺跡。城壁,倉庫,暗渠,計画的な街路などのほかに,長さ 219m,幅 37m,深さ 4.5mのドックと考えられる遺構があり,遺物からも海上交易のための港町の可能性が強い。前 2000年紀初頭のもので,デカン地方の金石併用期文化との接触もあり,イネ痕跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android