コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローパスフィルター ろーぱすふぃるたー

3件 の用語解説(ローパスフィルターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ローパスフィルター

低域の周波数成分を通し、それ以外をカットするフィルターのことで、ハイカットフィルターとも呼ばれる

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ローパス‐フィルター(low pass filter)

電気回路で、ある周波数より高い帯域の信号を通さず、低周波をよく通すフィルター回路。低域通過フィルターLPF。→ハイパスフィルターバンドパスフィルター
デジタルカメラやビデオカメラなどのイメージセンサーに取り付けられる、ある程度以上の細かなパターンを故意にぼかす光学フィルター。光学系の解像度をわずかに低下させるが、モアレ偽色の発生を抑制する効果がある。光学ローパスフィルター。LPF。OLPF(optical low pass filter)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ローパスフィルター

 撮像素子高周波成分を含んだ光があたると、被写体の明暗の境目などに 偽色 (本来そこに存在しない色)が出たり、偽色によって モアレ が起こったりする。光学ローパスフィルターは、こうした偽色やモアレ現象の発生を防ぐために高周波成分をカットする働きをする。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローパスフィルターの関連情報