コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偽色/擬色 ギショク

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐しょく【偽色/擬色】

false color》デジタルカメラでの撮影画像に生じる、撮影対象に本来ないはずの色。明暗差が激しい色の境目などで生じることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

偽色

 高周波の光を撮像素子が受けると、正しく光を分離認識できずに、本来そこにないはずの色を勝手に作り出してしまうことがある。これを偽色と呼んでいる。偽色が原因でモアレが起こってしまう。偽色の発生を防ぐために撮像素子の前面に ローパスフィルタ を使って高周波光をカットしている。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android