ローマ建築(読み)ローマけんちく(英語表記)Roman architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローマ建築
ローマけんちく
Roman architecture

前5世紀から 4世紀初頭にかけて,古代ローマを中心にイギリスからメソポタミアにまで広がるローマ帝国で展開された建築様式。ギリシア建築の柱と梁による楣式構造に代わって,アーチやドーム,ボールトといった架構によって巨大な公共建築が構築された。石造りのほかに煉瓦造りや一種のコンクリート造りが行なわれ,その外面にピラスター付柱)を使用してギリシア以来のオーダーを表現する方法がとられた。柱の様式はギリシアの 3様式のほかにコンポジット式トスカナ式が加えられた。歴代の皇帝は神殿,バシリカ,劇場,競技場,広場,浴場凱旋門,道路,橋梁,水道などの建設を重ね,そのなかから都市が必要とする公共建築の概念が生まれ,ローマ帝国が建設する都市には必ずそれらがつくられた。この時代を代表する建物には,ローマのコロセウムパンテオンカラカラ帝の大浴場チツス帝凱旋門トラヤヌス帝記念柱,ガールの水道橋,ハドリアヌス帝のビラなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ローマけんちく【ローマ建築】

イタリアを中心としたローマ帝国の領土で発達した、石・煉瓦を用いたアーチやボールトを駆使して造られた建築物。コロセウム・パンテオン・凱旋門・カラカラ浴場など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローマ建築の関連情報