コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロールオン・ロールオフ船 ロールオン・ロールオフせんroll-on roll-off ship; RO-RO ship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロールオン・ロールオフ船
ロールオン・ロールオフせん
roll-on roll-off ship; RO-RO ship

貨物を積んだ車両で,埠頭からの倉内までそのまま直接積卸しする方式の船。トレーラ・シップともいう。一輪車のついた車両,トレーラ類 (中甲板荷役の一般貨物船では小型のフォークリフトトラック,自動車専用船の場合は自動車そのもの) に貨物を積んだまま,デリックを使わず,陸上から渡した架橋を通って,船首や舷側の開口部から直接船内へ引入れたり,船内から引出せるようになっている。自動車を積んで航走するカーフェリーはこの方式。車両ごと積むので,コンテナなどに比べて容積の空費が大きく,貨物の積高は減少するが,積卸し時間の短縮,荷役費の節約,積替えによる荷くずれ,抜け荷などの損害防止など,利点が多い。貨物の種類,輸送距離によって有利で,特定航路の特定貨物 (自動車やコンテナ貨物) の輸送にこの荷役方式の船がふえている。 (→リフトオン・リフトオフ船 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロールオン・ロールオフ船の関連キーワード港湾運送業RORO船特設艦船

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android