コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空費 クウヒ

デジタル大辞泉の解説

くう‐ひ【空費】

[名](スル)時間・労力などをむだに使うこと。むだづかい。徒費。「貴重な時間を空費する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうひ【空費】

( 名 ) スル
費用・時間などをむだに使うこと。 「時間を-する」 「貴重なる一生を-する様な事が無くなり/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の空費の言及

【資本論】より

…そのうち運送費は生産費の一種とされ,また保管費(原料や製品などの)はどの生産様式でも社会が負担しなければならない費用で,これらの費用で雇用される労働は価値形成労働として商品に追加価値を付加し,それらの費用を資本として回収されるものとした。これに対し,純粋な流通費は,商品の売買に伴う費用,すなわち流通・配分上の商品取扱費(商業費)や,それの媒介に必要な貨幣費(貨幣そのものの費用に加えて,それの取扱費)で,マルクスはこれを商品生産という特殊な生産様式に起因するものとして,あらゆる生産様式に共通な,社会的生産に必要とされるコストに似て非なる〈にせの経費〉,または〈空費〉と規定した。マルクスのいう〈空費〉とは失われる費用である。…

※「空費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空費の関連キーワードロールオン・ロールオフ船loss timeアイドルタイムアビニョン捕囚コールリッジ徳川秀忠商業資本商業利潤商業労働流通費用一隅濮議時間

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空費の関連情報