コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイオミング岩 ワイオミングがん wyomingite

1件 の用語解説(ワイオミング岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ワイオミング岩

斑状のKに富んだ細粒の熔岩または脈岩で,小さい赤い金雲母の結晶が平行に配列し片理に見えるもの.金雲母の斑晶が,透輝石,リューサイトを含む非顕晶質の石基の中に存在する[Cross : 1897].ランプロアイトの一種である.金雲母白榴岩という方が適当である.米国ワイオミング州のリューサイト・ヒル(Leucite Hill)に因む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイオミング岩の関連キーワード集塊熔岩熔岩環状丘熔岩指テゾントリ熔岩角礫岩サイエニタイト正長岩フィッツロイ岩カムペライトゼノファイア

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone