コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイオミング岩 ワイオミングがんwyomingite

岩石学辞典の解説

ワイオミング岩

斑状のKに富んだ細粒の熔岩または脈岩で,小さい赤い金雲母の結晶が平行に配列し片理に見えるもの.金雲母の斑晶が,透輝石,リューサイトを含む非顕晶質の石基の中に存在する[Cross : 1897].ランプロアイトの一種である.金雲母白榴岩という方が適当である.米国ワイオミング州のリューサイト・ヒル(Leucite Hill)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ワイオミング岩の関連キーワードマデュプ岩

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android