コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューサイト leucite

翻訳|leucite

世界大百科事典 第2版の解説

リューサイト【leucite】

白リュウ(榴)石ともいう。化学組成KAlSi2O6,準長石類に分類される鉱物。約605℃を転移点に高温型は等軸,低温型は正方晶系(偽等軸晶系)。ふつう{211}の偏菱二十四面体の自形結晶として産出するが,これは晶出時の高温型の外形を残したもので,常温では常に低温型に転移,鏡下で集片双晶を示す。白~灰色,透明結晶はまれ。へき開{110},断口貝殻状,モース硬度5.5~6,比重2.5,屈折率1.508~1.509,複屈折は非常に弱い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リューサイトの関連キーワードプラジオフォヤイトシュードリューサイト響岩リューサイトリューサイトチングア岩オージャイトファイアリューシトイド玄武岩エピリューサイト斑岩ノゼアン白榴石響岩エピリューサイト岩アンフィジェナイトヴェスヴィアス岩ショレンベルク岩白榴石ベーサイトリューサイト斑岩フィアスコネ岩ウォルジディ岩ブラッキアノ岩ベーサイト斑岩ムラムビトイドフォノリトイド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android