コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイドスパン わいどすぱん

2件 の用語解説(ワイドスパンの意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

ワイドスパン

間口、すなわちバルコニー側の柱と柱(もしくは壁)の間が広いタイプを「ワイドスパン」といいます。厳密な広さの定義はありませんが、一般的な間口が6m程度のため、それよりも広い7m~8m以上のものを指します。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ワイドスパン【wide span】

マンションで、南面やバルコニーが設置されている側の幅が広いタイプの住戸。厳密な規定はないが、一般に7~8m以上のものをいうことが多い。開口部が広くとれるので、採光や通風にすぐれるとされる。◇この意に用いるのは日本での用法。「スパン」は建築で、橋や建物などの構造物の支柱から支柱までの距離の意。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイドスパンの関連キーワードルーフバルコニースロップシンクマンションメーカー下駄ばきマンション後付けバルコニーカーバルコニースカイバルコニー中古マンションバルコニー(ベランダ)バルコニータイル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイドスパンの関連情報