コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイルドカード ワイルド カード

5件 の用語解説(ワイルドカードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワイルドカード

文字列やファイル名などの検索に使用する特別な記号のこと。検索したい語句にこの記号を付けて検索すると、その語句を含む文字列やファイルがすべて検索される。検索したい文字列やファイル名をはっきりと覚えていない場合に利用すると便利である。「*」や「?」などの種類があり、「*」は、任意の長さの文字列を表し、「?」は任意の1文字を表す

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

ワイルドカード

複数の単語をまとめて表現するときに、共通している部分を指示するのに使う記号のことです。ファイルの検索やテキストエディタで文字の検索・置換をするときに使います。ウィンドウズでは、任意の1文字を示す「?」と、0~複数の文字を示す「*」が使えます。例えば、「??書類」は「書類」の前に何か2文字が付いていることを意味します。「作業書類」や「提出書類」というファイルは該当しますが、「見積もり書類」は該当しません。一方、「作業*」だと、「作業」「作業服」「作業書類」「作業状態の写真」のすべてが該当します。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワイルド‐カード(wild card)

トランプなどで、他のカードの代用となる特別なカード。
スポーツ競技で、主催者の意向などでチーム・選手に与えられた、特別出場枠。
不特定の文字や文字列であることを示す記号。コンピューターで、検索などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ワイルドカード【wild card】

トランプで、どのカードの代用にもできるカード。
共通の文字や文字列を一括して指定するための特別な文字。コンピューターで検索などに用いる。「*」「?」など。
テニスなどのトーナメント大会でランキングなどに関係なく、主催者の裁量で出場できる枠。およびそれを得た選手。
野球やアメリカン-フットボールなどのリーグ戦終了後、優勝チーム以外が勝率の比較などで選手権への出場資格を得ること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイルドカード
ワイルドカード
wild card

カードゲームでいずれの代りにもなるカードポーカーカナスタなどで使用する。ワイルドカードになるカードは普通ジョーカーであるが,ほかに2とか特に指定した数のカードがなることもある。ブリッジなどの切り札 (トランプ) と違って,そのカード自身が強いわけではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイルドカードの関連キーワードがつんきらりぐさりぐにゃりしなしなするするそろりどしりぽかりわんさ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイルドカードの関連情報