不特定(読み)ふとくてい

精選版 日本国語大辞典 「不特定」の意味・読み・例文・類語

ふ‐とくてい【不特定】

〘名〙 (形動) 特にそれときまっていないこと。また、そのさま。
売春防止法(1956)二条「この法律で『売春』とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「不特定」の意味・読み・例文・類語

ふ‐とくてい【不特定】

[名・形動]特に定まっていないこと。また、そのさま。「不特定な(の)対象」「不特定多数」
[類語]未定不定不確定確定既定本決まり内定所定暫定予定決定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android