コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタカビ(綿黴) ワタカビAchlya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワタカビ(綿黴)
ワタカビ
Achlya

藻菌類卵菌類ミズカビ目ミズカビ科に属する水生の糸状菌。池,沼,湖などの水中に落ちた植物体や昆虫の死体などによく発生し,約 50種ほど知られる。円筒形または棍棒形の遊走子嚢を生じ,熟すると遊走子が頂孔から一斉に出て,そこに球形の塊となって休む。その後個々の細胞から内容が膜外に出て,第2次の遊走子となり,2側毛で泳ぎ去る。やがて基質となる種々の有機物に泳ぎついて,そこで発芽し,再び糸状の菌体となる。なお,生卵器と造精器とを生じ,これが直接に接触して,いわゆる配偶子嚢接合をすることにより,生卵器内の卵子は接合子となる。少数のものがイネの苗などについて根腐れ病を起し,いわゆる寒害の原因となる。5℃前後のときに活発に繁殖する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android