コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルトシュタイン

デジタル大辞泉プラスの解説

ワルトシュタイン

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第21番(1803-04)。原題《Waldstein》。『ヴァルトシュタイン』とも呼ばれる。名称はフェルディナント・フォン・ワルトシュタイン伯爵に献呈されたことに由来する。中期ピアノソナタの傑作の一つに数えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ワルトシュタイン(〈ドイツ〉Waldstein)

ベートーベンのピアノソナタ第21番の通称。ハ長調。1803年から1804年にかけて作曲。中期ピアノソナタの傑作の一つ。名称は、作者の支援者であるワルトシュタイン伯爵に献呈されたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワルトシュタインの関連キーワードベートーヴェン:アンダンテ・ファヴォリ ヘ長調/piano soloベートーベン(年譜)シュコダ[会社]カサノーバカザノーバ泊真美子ヘス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワルトシュタインの関連情報