ワルトシュタイン

デジタル大辞泉プラスの解説

ワルトシュタイン

ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第21番(1803-04)。原題《Waldstein》。『ヴァルトシュタイン』とも呼ばれる。名称はフェルディナント・フォン・ワルトシュタイン伯爵に献呈されたことに由来する。中期ピアノソナタの傑作の一つに数えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ワルトシュタイン(〈ドイツ〉Waldstein)

ベートーベンのピアノソナタ第21番の通称。ハ長調。1803年から1804年にかけて作曲。中期ピアノソナタの傑作の一つ。名称は、作者の支援者であるワルトシュタイン伯爵に献呈されたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワルトシュタインの関連情報