コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレット・シェア Wallet Share

DBM用語辞典の解説

ワレット・シェア【Wallet Share】

財布シェア。ワレットは札入れ、紙入れ、財布の意味。顧客一人ひとりの財布から、自社はどの程度の金額を占めているかの数値を意味する用語。スーパーマーケットで年間消費額が60万円として、ある顧客の年間購入額が18万円とすると、わが社のその顧客のワレット・シェアは30%ということになる。ライフタイム・バリューとの関連用語で、60万円すべて購入していただいているとすると、食品のワレット・シェアは100%、つまり食品の1年間のライフタイムバリューを全部獲得していることになる。5年なら300万円、10年なら600万円が顧客一人のライフタイムバリュー。ワレットシェア100%なら、ライフタイムバリューと購入金額が一致する。ワレット・シェアはカスタマー・シェアともいわれる。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android