コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワン切り わんぎり

3件 の用語解説(ワン切りの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワン切り

携帯電話やPHSの着信音を、1度だけ鳴らしてすぐに切り、着信履歴に覚えのない電話番号を残す行為。着信履歴の電話番号に電話をかけると、アダルト商品の有料の販売案内などにつながり、多額の通信料を請求されるなどの被害が発生する。2002年4月に、全国で初めてワン切り業者が摘発され、話題になった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワン‐ぎり【ワン切り】

[名](スル)電話で一回だけ着信音を鳴らして切ること。事前に示し合わせた知人同士の合図などに利用される。→機械的不完了呼
[補説]かけた相手の番号が表示されるタイプの電話では「かけ直してほしい」の合図ともなる。悪質な業者がこれを利用して有料ダイヤルに接続させるなどの被害が広がったため、平成14年(2002)有線電気通信法に、この行為に対する罰則が盛り込まれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ワンぎり【ワン切り】

電話をかけ、呼び出し音を一回だけ鳴らして電話を切る行為。相手の電話機に着信履歴が残るため、相手はかけ直すことができる。ワン-コール。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワン切りの関連キーワード着メロマナーモード扇を鳴らす着信音非を鳴らす不平を鳴らす弓を鳴らす着信メロディー鋼を鳴らすファントムリング

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワン切りの関連情報