コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワン切り(読み)わんぎり

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワン切り

携帯電話やPHSの着信音を、1度だけ鳴らしてすぐに切り、着信履歴に覚えのない電話番号を残す行為。着信履歴の電話番号に電話をかけると、アダルト商品の有料の販売案内などにつながり、多額の通信料を請求されるなどの被害が発生する。2002年4月に、全国で初めてワン切り業者が摘発され、話題になった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワン‐ぎり【ワン切り】

[名](スル)電話で一回だけ着信音を鳴らして切ること。事前に示し合わせた知人同士の合図などに利用される。→機械的不完了呼
[補説]かけた相手の番号が表示されるタイプの電話では「かけ直してほしい」の合図ともなる。悪質な業者がこれを利用して有料ダイヤルに接続させるなどの被害が広がったため、平成14年(2002)有線電気通信法に、この行為に対する罰則が盛り込まれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ワンぎり【ワン切り】

電話をかけ、呼び出し音を一回だけ鳴らして電話を切る行為。相手の電話機に着信履歴が残るため、相手はかけ直すことができる。ワン-コール。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android