コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有線電気通信法 ゆうせんでんきつうしんほう

3件 の用語解説(有線電気通信法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有線電気通信法
ゆうせんでんきつうしんほう

昭和 28年法律 96号。有線電気通信の基本法であり,有線電気通信設備の設置,使用を規律し,有線電気通信に関する秩序を確立することを目的とする。有線電気通信設備の設置を届け出制とし,総務大臣の監督のもとにおく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうせんでんきつうしん‐ほう〔イウセンデンキツウシンハフ〕【有線電気通信法】

有線電気通信設備の設置と使用に関する法律。設置の際の届出、有線電気通信の秘密の保護などを定める。昭和28年(1953)施行。平成14年(2002)の一部改正により、ワン切り行為に対する罰則(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)が盛り込まれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有線電気通信法
ゆうせんでんきつうしんほう

有線電気通信を行うための設備の設置や使用について規定している法律。昭和28年法律第96号。有線電気通信とは「送信の場所と受信の場所との間の線条その他の導体を利用して、電磁的方式により、符号、音響又は影像を送り、伝え、又は受けることをいう」(2条1項)。有線電気通信のなかでも、電気通信、放送等については、それぞれの法律による規制も行われている。本法のおもな内容は、(1)有線電気通信設備の設置および使用の届出、(2)設備相互間の妨害、人体・物件に対する危害・損傷の防止、(3)通信の秘密保護、などである。[笠井哲哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有線電気通信法の関連キーワード電気通信省有線通信有線放送電話電気通信大学有線有線電話私設電信無線電気通信有線電気通信電気通信工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone