コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーク・ソング ワーク・ソングwork song

3件 の用語解説(ワーク・ソングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーク・ソング
ワーク・ソング
work song

アメリカ南部の黒人奴隷の生活から生れた労働歌。かつて鉱山や鉄道建設の労働にたずさわっていた黒人たちが仕事をしながら歌ったもので,調子のよいリズムをもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ワーク・ソング

ジャズのスタンダード曲。作曲:ナット・アダレイ。原題《Work Song》。1960年にインストゥルメンタル曲として発表、のちにジャズ・シンガーオスカーブラウンジュニアが歌詞を付けた。

ワーク・ソング

コルネット奏者、ナット・アダレイの1960年録音のジャズアルバム。リバーサイド・レーベルウェス・モンゴメリーボビー・ティモンズらが参加したファンキー・ジャズ作品。原題《Work Song》。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワーク・ソングの関連情報