ワーク・ソング(英語表記)work song

デジタル大辞泉プラスの解説

ワーク・ソング

ジャズのスタンダード曲。作曲:ナット・アダレイ。原題《Work Song》。1960年にインストゥルメンタル曲として発表、のちにジャズ・シンガーのオスカー・ブラウン・ジュニアが歌詞を付けた。

ワーク・ソング

コルネット奏者、ナット・アダレイの1960年録音のジャズ・アルバム。リバーサイド・レーベル。ウェス・モンゴメリー、ボビー・ティモンズらが参加したファンキー・ジャズ作品。原題《Work Song》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android