コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーク・ソング work song

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーク・ソング
work song

アメリカ南部の黒人奴隷の生活から生れた労働歌。かつて鉱山鉄道建設の労働にたずさわっていた黒人たちが仕事をしながら歌ったもので,調子のよいリズムをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ワーク・ソング

ジャズのスタンダード曲。作曲:ナット・アダレイ。原題《Work Song》。1960年にインストゥルメンタル曲として発表、のちにジャズ・シンガーのオスカー・ブラウン・ジュニアが歌詞を付けた。

ワーク・ソング

コルネット奏者、ナット・アダレイの1960年録音のジャズ・アルバム。リバーサイド・レーベル。ウェス・モンゴメリー、ボビー・ティモンズらが参加したファンキー・ジャズ作品。原題《Work Song》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ワーク・ソングの関連キーワードアフリカン・アメリカン音楽ダウン・アンダーナット アダレイワークソングレッドベリー

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android