ファンキー(英語表記)funky

翻訳|funky

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファンキー
funky

音楽用語。ジャズ演奏において 1950年代中期のハード・バップの音楽的特徴を表わすのに使われた言葉。元来黒人特有の体臭を意味する隠語。転じて,ブルースやゴスペルにつながる黒人本来の要素をもつジャズやリズム・アンド・ブルースをさすようになり,さらに 60年代後半にはファンク funkというジャンルを形成するにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ファンキー(funky)

[名・形動]
ジャズ・ソウルなどの音楽にファンクの要素が含まれること。また、その演奏や、そのさま。ポップスやロックの、野性的で躍動感のあるリズム・演奏などの形容にもいう。「ファンキーなボーカル」「ファンキーミュージック」
服装などが原色を多用していて、けばけばしいこと。また、そのさま。「ファンキーファッション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ファンキー【funky】

( 形動 )
黒人独特のノリのあるさま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ファンキー

〘名〙 (形動) (funky)
① ジャズやソウルなどの音楽で、泥くさく粘りつくような感覚。また、その演奏やそのさま。
※空から来た殺し屋(1960)〈大藪春彦〉一「ドラムから粉々に砕け散るファンキーな不協和音」
② 服飾が、原色を多く用いていて刺激的であるさま。
※血の来訪者(1961)〈大藪春彦〉ナルシス「左側の季節外れのファンキー・ハットをかぶった弟分も立上った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のファンキーの言及

【ジャズ】より

…一時的にもウェスト・コーストの白人に主導権を奪われた黒人たちは,ジャズのバックボーンをなす黒人ブルースや,黒人教会の中でのみ歌われ演奏されるゴスペル・ソングをジャズに盛りこみ,再びジャズ界の主流となった。一聴して黒人臭を感じさせるジャズには,黒人の体臭を意味する〈ファンキーfunky〉という形容詞がつけられ,ニューヨークを中心とするこれら黒人ジャズ・メンやその演奏はまた,ウェスト・コーストに対比して〈イースト・コースト・ジャズEast Coast jazz〉とも呼ばれた。こうしたハード・バップ時代(1956‐61ころ)は,モダン・ジャズが成熟期に達した時代である。…

※「ファンキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファンキーの関連情報