コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーシト県 ワーシトWāsit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーシト〔県〕
ワーシト
Wāsit

イラク中央東部,イランと国境を接する県。県都はクート。以前はクート県といったが,ウマイヤ朝の古都ワーシト遺跡があることから県名を変えた。全体的に平坦で,チグリス川が県の中部を北西から南東に貫流している。ほとんど耕地で,灌漑されているところもあり,米,ミレット (雑穀) ,ナツメヤシが主要作物である。県都クートにはチグリス川の調節堰があり,分流ガッラーフ川が県南を灌漑している。面積1万 7153km2。人口 60万 5700 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーシト県の関連キーワードハイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android