チグリス川(読み)チグリスがわ(英語表記)Tigris

翻訳|Tigris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チグリス川
チグリスがわ
Tigris

メソポタミアを流れる西アジアの代表的な大河。全長約 1900km。トルコの南東部山岳地帯に源を発し,イラクに入ってモースルバグダードを通り,南東流し,バスラの上流のクルナ付近でユーフラテス川と合流してシャットルアラブ川となって,ペルシア湾に注ぐ。古代から洪水が多く起っているが,サーマッラーに堰と放水路が設けられ,特に雪どけ期に増量した水をサルサール湖へ誘導する。流れはゆるやかで,アマーラ-クルナ間では無数の農業用灌漑水路に水を供給している。流域が古代オリエント文化発祥の地であるため,遺跡が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

チグリス‐がわ ‥がは【チグリス川】

(チグリスはTigris) 西アジアメソポタミア地方を流れる大河。アルメニア高原に源を発し、トルコを経てイラクにはいり、バスラ北方でユーフラテス川と合流してシャッテルアラブ川となり、ペルシア湾に注ぐ。流域のメソポタミア地方は、古代文明発祥の地。現在はナツメヤシ、米、小麦、大麦などの灌漑農業が行なわれる。全長一九〇〇キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

チグリス川の関連情報