コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィエイラ Vieira, Sebastião

2件 の用語解説(ヴィエイラの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ヴィエイラ Vieira, Sebastião

ビエイラ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ヴィエイラ

没年:寛永11.6.11(1634.7.6)
生年:1573
イエズス会司祭,殉教者ポルトガルのラメゴ司教区カストロ・ダイロ生まれ。1591年イエズス会に入会。1601年司祭となる。慶長9(1604)年来日。同12年ごろマカオに戻り,同14年再来日。同19年のキリシタン禁教令によってマニラに渡ったが,翌年日本に潜入,大村地方(長崎県)で布教に当たる。元和5(1619)年マカオに戻り,寛永1(1624)年日本管区の代表としてローマに行き,コリャード(ドミニコ会日本管区長代理)のイエズス会非難に対して弁明を行った。同9年フィリピンから日本に再潜入,翌年大坂で伴侶6人と共に捕縛され,長崎に送られる。その後,将軍家光の命により江戸に送られ,江戸町奉行の取り調べを受けた。江戸市中を引き回され,穴吊しの責めを受けたが,4日間生きながらえ,ついに火刑によって殉教した。<参考文献>姉崎正治『切支丹迫害史中の人物事蹟』

(宮崎賢太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴィエイラの関連キーワードイエズス会ペレイライエズスイエズス会士日本通信イエズス会日本年報イエズス会士ルイス・フロイスアダミパシェコメンドンサ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヴィエイラの関連情報