コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィリアル展開式 virial expansion

法則の辞典の解説

ヴィリアル展開式【virial expansion】

学会や専門領域によっては,指定用語に「ヴィ」が使えないので「ビ」をつかって「ビリアル展開式」と記してある例も多い.気体の圧力 pモル体積逆数級数として展開したときの各項の係数である.すなわち

のようになるが,この式に含まれる BCD などをヴィリアル係数という.それぞれ絶対温度 T のみの関数であり,B は第二ヴィリアル係数,C は第三ヴィリアル係数のように呼ばれる.これは別名をクラウジウスの(ヴィリアル)状態式,またはカメルリン‐オンネスの状態方程式*ともいうが,もともとは実験式であり,ヴィリアル定理*から導かれたものではない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ヴィリアル展開式の関連キーワードオンネスの状態式実在気体の状態式ヴィリアル定理クラウジウス