ヴィートルト ロヴィツキ(英語表記)Witold Rowicki

20世紀西洋人名事典の解説


1914.2.28.(26.の説あり) -
ポーランドの指揮者。
クラクフ音楽院教授。
タガンログ(ソビィエト)生まれ。
ヒンデミットに指揮法を師事し、1933年在学中に指揮者デビューするが、卒業後はヴァイオリニストとして出発、ソリストと室内楽の分野で活動した。’45年ポーランド放送交響楽団の常任指揮者に就任、フィテルベルクと協力・育成を行い、’50年以後は元・ワルシャワ国立フィル音楽監督兼首席指揮者、’74年にはスウェーデンストックホルム・フィルの首席指揮者を兼任、’77年以降フリーとなる。レコードに、「白鳥の湖」「眠れる森の美女」などがある。レパートリーは幅広く、東欧の作品に手堅い演奏をきかせる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android