一に俵(読み)いちにたわら

精選版 日本国語大辞典の解説

いち【一】 に 俵(たわら)

(大黒舞の歌詞「一に俵ふまへて、二ににこっと笑うて、三に酒を造って」から出た言葉) 物事を並べあげるとき、その言い出しに用いる表現。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一七「大黒殿や波濃大声 一に俵二には喰物三に酒」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「一に俵(タハラ)、二階造り、三階蔵を見わたせば、都に大黒屋といへる分限者有ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一に俵の関連情報