一ノ瀬綾(読み)いちのせ あや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一ノ瀬綾 いちのせ-あや

1932- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和7年6月19日生まれ。農業を手つだいながら文学をこころざし,上京する。昭和43年「春の終り」で農民文学賞,50年「黄の花」で田村俊子賞。長野県出身。本名は掛川たつよ。作品はほかに「独り暮らし」「幻の碧き湖」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android